ソウル市内観光におすすめな観光地、カフェ、チマチョゴリ、世界遺産などについてご紹介します

韓国ソウル旅行におすすめ観光スポット!

景福宮

日本語ガイドツアー 景福宮

景福宮に行くなら日本語ガイドツアーの利用がおすすめ!

更新日:

景福宮は、ソウルにある五大王宮「景福宮」、「昌徳宮」、「徳寿宮」、「昌慶宮」、「慶煕宮」のひとつです。

景福宮を観光する際に、「日本語ガイドツアー」を利用するとより景福宮の歴史なども含めて理解することができるようになるのでおすすめです。

今回は景福宮の日本語ガイドツアーについてご紹介します。

景福宮の入場料や開園時間などはこちら

景福宮
景福宮の入場料や営業時間は?交代式の時間など

韓国のソウルにある景福宮。 華やかな衛兵の交代式も行われ、ソウル観光では外せない観光スポットです。 景福宮への入場料金や ...

続きを見る

景福宮 日本語ガイドツアーとは?

景福宮には日本人も多く訪れるため、日本語ガイドツアーというものがあります。

韓国の歴史を知り、それぞれの建物がどのように使われてきているのか、ハングル文字やオンドルの事などなど、普段なかなか知ることのできない情報を知ることができ、造詣が深まることと思います。

日本語ガイドツアーの開始時間

景福宮の日本語ガイドツアーの開始時間は、

  • 10時
  • 12時半
  • 14時半

の1日3回行われています。

おすすめは10時スタートのツアーです。

ちょうどツアーが終わった後に、衛兵交代を見ることができます。

その後、景福宮近くにある数々のランチやカフェを楽しむこともできます。

景福宮近くのカフェの情報はこちら

日本語ガイドツアー案内時間

約40分程度です。

日本語ガイドツアーの料金

景福宮の日本語ガイドツアーの料金は無料です。

無料というのは嬉しいですね^^

日本語ガイドツアーの集合場所

興礼門(フンレムン)

が集合場所です。

万が一開始時間に遅れたとしても、途中から参加することも可能なようなので、そこは現地の案内所にてご確認ください。

興礼門(フンレムン)への行き方

景福宮 勤政殿

勤政殿(クンチョンジョン)

景福宮の日本語ツアー、最初の見どころは「勤政殿(きんせいでん、근정전、クンチョンジョン)」です。

景福宮の中心部にある正殿で、1867年に興宣大院君によって再建されました。

勤政殿は景福宮の正殿で、同時に法殿であり景福宮のシンボルとなっている建物です。

  • 王の即位の礼
  • 文官・武官が集まる朝会
  • 外国からの使節の謁見

など、国の公式行事が行われた場所です。

中には入ることはできませんが、内部を見ることができます。

勤政殿の勤政というのは「世の中の事柄は勤しむとうまくできる」という意味を表しています。

景福宮 思政殿

思政殿(サジョンジョン)

「思政殿」は、王の執務室として、王が公式の業務を行っていた場所です。

内観は建築時以来変わっていないので、勤政殿のような派手さは見られませんが、当時の趣が感じられます。

思政殿には暖房設備が無かったので、冬の寒い時季には、暖房のある「千秋殿」で執務をしたそうです。

景福宮 慶会楼

慶会楼(キョンフェル)

「慶会楼」は王が臣下達のために宴会を開いた場所です。

外国から使節が訪れた際に接待にも使われていました。

国宝に指定されています。

景福宮 康寧殿

康寧殿(カンニョンジョン)

「康寧殿」は王の寝殿です。

景福宮 交泰殿

交泰殿(ギョテジョン)

交泰殿は王妃の寝殿です。

景福宮に行くなら日本語ガイドツアーの利用がおすすめ!まとめ

  • 景福宮の歴史を知ることができる
  • 景福宮の建物がどのように使われてきたのかを知ることができる
  • 日本語ガイドツアーは1日3回行われる
  • 日本語ガイドツアーの開始時間は、10時、12時半、14時半の1日3回
  • 日本語ガイドツアーの所要時間は約40分

ソウルに行くことがあったらぜひ景福宮のガイドツアーを体験されてみてくださいね✨

景福宮のアクセスについてはこちらをご参照ください。

景福宮
景福宮 行き方は?最寄駅からのアクセス方法や料金・地図は?

景福宮は朝鮮王朝の王宮で、戦国朝鮮時代の韓流ドラマを思い出させる素晴らしい景観で人気のスポットです。 今回は景福宮への行 ...

続きを見る

-日本語ガイドツアー, 景福宮
-,

Copyright© 韓国ソウル旅行におすすめ観光スポット! , 2019 All Rights Reserved.